[スポンサー広告]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Parmlink--:--

2007-08-23

[未分類]

手越祐也初主演時代劇「しゃばけ」

手越祐也初主演時代劇「しゃばけ」

見てチョンマゲ!NEWS・手越ドラマ初主演「しゃばけ」は時代劇
 人気グループ、NEWSの手越祐也(19)が今秋放送のフジテレビ系時代劇ドラマ「しゃばけ」でドラマ初主演することが22日、分かった。第13回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞の人気シリーズ小説が原作。手越は妖怪が見えて、話ができる不思議な能力を持つ日本橋の大店の若だんなを演じる。この日、炎天下の京都でクランクインし、「今はとにかく夢中でやりたい」と意気込みを語った。





 初めてのカツラと着物、足袋に草履。慣れない装束に身を包み、中学の修学旅行以来、訪問は2度目という京都で、手越は頑張ってます。

 「しゃばけ」は、病弱に育った大店の若だんな・一太郎が主人公。5歳の時に、鳴家(やなり)と呼ばれる小鬼の妖(あやかし)と友達になったのをきっかけに、ほかのさまざまな妖怪たちと協力して難事件を解決する。

 撮影は京都市山科区の随心院でスタート。暑さで汗がたくさん出て、病弱な設定が元気いっぱいの男の子に見え、スタッフと笑いあう一幕も。

 「出演の話があったとき、時代劇と聞いて、言葉づかい一つとっても難しいので、ヤバイ!と思った」と手越。だが、「原作がおもしろく、妖というアドベンチャー的な夢のある世界と家族の大切さなど、色々なものが描かれていて密度が濃い」と作品にひかれ、江戸について研究した本などを読み準備。初の主演作ということもあって、今は「作品への愛情が日に日に増している」という。

 フジの喜多麗子プロデューサーは、一太郎というキャラクターについて「時代劇にニューヒーローの誕生です。かわいい若だんな姿の手越さんは、老若男女の注目を浴びること間違いなしです」と自信たっぷりだ。

 登場人物は半分以上が妖役。独創的でかわいらしく、特殊メークなどを駆使、江戸の町はフルCGで再現する。

 その妖たちになるのが、谷原章介、高杉亘、宮迫博之、早乙女太一、山田花子、十朱幸代。どんな姿で登場するのか必見。ほかに志垣太郎、真矢みき、岸部一徳、岡田義徳らが出演する。



-------------------------------------------------------
你也真是太美妙了~テゴさん
時代劇耶~~~
好想看你的古裝扮相~



Parmlinkコメント(0)トラックバック(1)17:23

comment


秘密にする

trackback

[のぞみのblog]

高杉亘

  2007.08.25 08:03
高杉亘高杉 亘(たかすぎ こう、1964年11月4日 ‐ )は、東京都出身の俳優。血液型はO型。身長185cm、体重75kg。元妻は高田聖子。人物*松田優作を彷彿とさせる風貌と独特の声の持ち主で、強面で冷徹に見られがちだが、『お金がない!』で見せたコミカル
TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。